ラジウム鉱石について

ラジウム温泉について

ラジウムとは、ウランが崩壊した放射性物質で、さらに崩壊するとラドンになります。
ラジウムやラドンを含む温泉は、関節痛や神経痛に効用があるなどとして、治療やリハビリに使われることもあります。
1898年にフランスのノーベル賞科学者、キュリー夫妻が発見したことでも知られます。
ラジウム温泉としては国内では秋田県の玉川温泉、海外ではアメリカのボルダードイツのバーデンバーデンが有名です。
当浴場では鳥取県の人形峠にあるウラン鉱床(現在は閉鎖)で採取した、ラジウム鉱石を独自に入手して、露天風呂に入れてラジウム温泉としてご利用頂いております。

ラジウム(放射線)の線量について

平成23年10月14日に読売テレビ報道局による取材で、当浴場の放射線量を測定したところ、入浴時で0.7マイクロシーベルト/毎時と微量ながら良好で安全な放射線量を観測致しました。

ラジウム温泉の効能について

リューマチや胃腸の疾患、関節の症状や脊椎の症状、更年期障害などの内分泌系の症状、創傷、神経痛や神経炎などの神経に関する症状、自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状、喘息や慢性気管支炎、皮膚疾患、肩こり、痔、うちみ、くじき、しもやけ、また痛風、歯肉炎など様々な症状に効能があるとされています。

※ただしこれらの効能は、医学的に証明されたものではありません。必ず医師の相談、診察を受けて頂くようお願いします。