ギャラリー再会

「再会」は関西をベースにほぼ半世紀、独創的な建築をつくり続けておられる 石井修氏が昭和28年に設計された建物です。
雑誌大阪人・2002年11月号の発掘The OSAKAに紹介されました。

〔登録有形文化財〕にギャラリー再会が登録されました

この度、国の制度〔登録有形文化財〕にギャラリー再会が登録されました。 おもわぬ出来事に正直とまどいもありますが、大変光栄に思っております。 私共としても〔登録有形文化財〕の古きよき建造物を資産として活かしながら保存するという制度に大変共感しております。

今後も、ギャラリー再会の保存と文化的な活用に力を注ぎたいと思っております。 現在、ギャラリー再会では最終土曜日のPM2時からジャズライブを開催しております。
是非一度〔登録有形文化財〕ギャラリー再会のレトロ空間で、ジャズライブをお楽しみください。

〔登録有形文化財〕とは、文化財を活用しながら保存する新しい発想の《登録制度》です

たとえ、身近な建造物であっても、ふたたび造ることのできないものなどは立派な文化財登録文化財は、この数々の建造物を守るために、文化財を資産として活かすことを支援する新しい考え方の制度です。
文化財登録制度は、ヨーロッパをはじめとする世界各国ですでに定着し、文化財保存に大きな役割を果たしています。
登録文化財建造物は、幅広く数多くの文化財を対象としています。
建築後50年を経過した建造物で広く親しまれていたり、そこでしか見られない珍しい形などをしているものがその資格を持っています。

◆文部省告示第百五十二号 《登録有形文化財登録基準》
建築物、土木建造物及びその他の工作物のうち、原則として建設後五十年を経過し、かつ各号の一に該当するもの。
・ 国土の歴史的景観に寄与しているもの。
・ 造形の規範となっているもの。
・ 再現することが容易ではないもの。

よみがえった「ギャラリー再会」

新世界の中でも異質な雰囲気をかもしだしている南欧風のたたずまい。
かつて新世界はモダンデザインの最先端の町。
この建物は、昭和28年に建築家・石井修氏の設計で純喫茶「再会」として建てられました。

「再会」の美しさに惹かれ銀幕のスターたちもよく遊びに来ていたそうです。 そんな華やかな時代から時が流れ、その後も地域の人に大切にされ親しまれていましたが、喫茶閉店後ラジウム温泉の2代目社長にひきとられ、平成9年に改修を終え、「ギャラリー再会」としてよみがえりました。

石井修氏のプロフィール

いしい・おさむ 建築家
大正11年に生まれる。
奈良県出身。
昭和15年大林組に勤務し、昭和31年美建設計事務所を設立。
「再会」は、石井氏が建築家として独立する直前の作品です。
「再会」の仕事の後、石井氏は京都・太秦の片岡千恵蔵さんの自邸の増築も担当されました。

・ 1987年 『目神山の一連の住宅』で日本建築学会作品賞
・ 1987年 『目神山の家8』で吉田五十八賞を受賞
・ 2002年 『目神山1回帰草庵』でJIA25年賞大賞受賞

※日本建築学界賞とは毎年、優れた建築2~3件が選ばれ、設計者に与えられる賞です。
残念ながら、平成19年9月自宅にてお亡くなりになりました。

独創的なディテール

抑揚のきいた外観は、どんとした存在感があります。
窓には2本の細いねじり柱・2階の窓にも半円アーチを支えるように洋風の太いねじり柱がアクセントとなっています。 外観の印象に劣らず中に入ると、最初に目に飛び込んでくるのは中央の飾り柱。
柱上部のアーチを支え優雅な雰囲気です。
この空間の最大の見せ場は、カーブを描いて2階へ昇る階段。
階段の曲線美とS字型の手すりや、全体のフォルムのこだわりには感動しました。 2階に昇ると部屋の中央にはレンガを用いた大きな暖炉があります。 天井の木部は当時の表情を残しています。 奥にはグランドピアノが置かれ、コンサートが定期的に開かれています。 内装を彩る装飾にも、2代目社長のこだわりが端々に感じられます。 その代表が高い天井から美しく輝くシャンデリア。細部のインテリアも「ギャラリー再会」の彩りに可憐に花を添え、過去の華やかな時代を彷彿とさせてくれました。 ふと目にした時計と鏡は、喫茶「再会」の開店祝いに片岡千恵蔵さんから寄贈されたもの。

ギャラリー再会ライブスケジュール
岩井ゆき子ライブチラシ
岩井ゆき子ライブスケジュール
毎月最終土曜日

岩井ゆき子プロフィール

岩井ゆき子ライブシーン
△ギャラリー再会(2階)での
岩井ゆき子ライブシーン
ギャラリー再会の地図はこちら>>
岩井ゆき子プロフィール

大阪に生まれる。
幼い頃からバイオリンを始め、小学校からは ピアノを中心に。
帝塚山学院大学・英文科卒。
大学時代にジャズと出会い、ピアニストとして 大学卒業後、ニューヨークへ行く。
ニューヨークで本場のジャズに触れ、ジャズヴォーカルに魅せられる。中南米からスペインと音楽との出会いの旅にでる。

帰国後、関西を中心に精力的に、作曲活動や演奏活動しながら、ふれあう「ひょうたん山サロン」を主宰。
なお、毎年コンサートを開いている。

CDアルバム「センチメンタルジャーニー」・「ハートに贈りもの」・「JAZZ」・「あふれる想い」などを発表。シングルには、「アイラブ大阪」など自作の曲も発売。子守歌をテーマにコンサートやライブで少しずつ歌うようになる。2003年7月にミニアルバム<天満の市>を発売。

今年から岩井ゆき子ピアノ・パーカッション ユニットで<踊りだしたくなるリズム>をテーマに ライブ・コンサート中。

URL:http://homepage3.nifty.com/yukiko7/